概要と沿革
会社概要
設 立 1969年7月22日(昭和44年7月22日)
資本金 30億円
従業員 1268名(2017年3月時点)
事業内容 チキンの生産から処理加工までの一貫生産および、加工食品の開発・製造・販売
原種豚導入からの一貫生産
養鶏・養豚の委託生産
発酵肥料の製造・販売
事業所 本社/鹿児島県曽於郡大崎町
事業所/大崎町・垂水市・伊佐市
営業所/沖縄
株主構成 ジャパンファームホールディングス株式会社100%
主な取引銀行 日本政策金融公庫・鹿児島銀行・肥後銀行・農林中央金庫・三菱UFJ銀行
関連会社 株式会社ジェーエフフーズ(100%)
株式会社ジェーエフチキン(100%)
有限会社ジェーエフアグリ(10%)
代表者 代表取締役社長 山中 達也
会社沿革
1969年 会社設立・資本金2億5,000万円
1970年 大崎・大口事業所稼働
大崎:チキン月産60万羽体制
1971年 資本金5億円に増資
ラボラトリー(後の品質保証部)完成
1972年 大口:年間10万頭出荷体制完備
1973年 大崎:チキンエキス工場完成
大口:食肉処理工場稼働
1974年 資本金10億円に増資
大口:発酵肥料工場完成
1975年 大崎:チキンオイル工場完成
1977年 大崎:発酵肥料工場完成
大口:特別優良指定養豚場認定
1978年 資本金30億円に増資
大崎:チキン月産100万羽体制
1979年 垂水事業所稼働:月産45万羽体制
垂水:レンダリング工場(後の化製品工場)完成
1982年 大崎:加工品工場完成
東京:営業駐在員常駐
1983年 大阪:営業駐在員常駐
垂水:月産85万羽体制
1984年 福岡:営業駐在員常駐
1986年 垂水:発酵肥料工場完成
1987年 本社を大崎町へ移転
1988年 株式会社ジェーエフフーズ設立
垂水:KFC生産認定工場第1号
1992年 チキン年間2,800万羽処理
豚年間15.5万頭出荷
1995年 企業理念・経営理念を制定
大口:アグリ事業開始
大崎:アグリ事業開始
1999年 創業30周年
沖縄:営業駐在員常駐
2000年 大崎:チキン事業部門
業界初ISO9001認証取得
大口:養豚事業本部
業界初ISO14001認証取得
2001年 本社:ISO14001認証取得
新シンボルマーク・スローガンの制定
垂水:垂水工場ISO9001認証取得
大崎:孵卵部門ISO9001認証取得
エキスチーム業界初のISO9001認証取得
大口:ジャパンファームクラウン研究所完成
大崎:農業法人有限会社ジェーエフアグリ設立
2002年 大崎工場、加工品工場、エキス工場、販売部
ISO14001認証取得
2003年 垂水工場、大崎肥料工場、生産部(事務所、孵卵、品証)
ISO14001認証取得
東京、大阪、福岡営業所を関連会社と統合
2004年 養豚とチキン部門のISO14001の統合
2005年 チキン年間3,300万羽処理
豚年間16万頭出荷
2006年 養豚事業本部でのリキッドフィーディングシステム開始
2007年 加工品工場ISO9001認証取得
2008年 チキン年間3,500万羽処理
2009年 株式会社ジェーエフチキン設立
2011年 エキス工場ISO22000認証取得
2013年 チキン年間3,900万羽処理
豚年間19万頭出荷
クラウン研究所をNPO法人へ移管
2014年 チキン年間4,100万羽処理
2015年 バイオマス発電所完成・稼動開始
2016年 ジェーエフフーズ第二工場完成
ジャパンファームホールディングス株式会社が設立され当社100%親会社となる