業務効率化について

環境データの見える化と分析で畜舎内環境を改善し、鶏や豚にとって心地いい環境を作ると共に、少人化・省力化を目指し、労働環境の改善と業務効率化を図ります。

サステナビリティとデジタル化

畜舎内にセンサーやカメラなど情報収集に必要な機器を設置、温度や湿度を監視し、データを自動取得します。データを元に畜舎内環境を分析し、畜舎内を最適な状態に保てるよう改善を行います。継続的に食と命を大切にするために、一連の流れは欠かせません。

また、データを分析することによって飼養技術を向上させ、働きやすい職場環境と業務効率化を目指します。

korituka_01
畜舎に設置したセンサー
畜舎に設置したセンサー
畜舎内の様子
畜舎内の様子
畜舎に設置したカメラ
畜舎に設置したカメラ
畜舎内の様子
畜舎内の様子